3月28日

  • Aiの懇談。
    「とてもがんばっています。でも、大きな声が出ないのはなぜでしょう?」
    という先生。
    ここへ来て、以前の自分よりも、笑顔を多く、言葉かけを多く、と、どんなにがんばってきているか、それを私は見ているので、
    「きっと、もう少し、自信がついてきたら、いつか、大きな声で話すようになると思います。
    彼女にとっては、音楽や絵などの方が、表現手段としてやりやすいのだと思います。
    ここで、友だちができて、楽しく過ごせるだけで、今は充分です。」
    と、先生に話した。
    人それぞれ、時期があるものだ。できるから、といって、期待されても、どうしてもできない時もある。
    友だちも、アジアの人たちばかりだが、白人と友だちになる方がいいということもない。
    そうしたければ、いつか、大きくなったときに、又、自分で努力していくことだろう。
     
    Shouも、
    「オレ、少し厚かましくなれたかな?」
    とこの前言っていた。彼にとっての1つの目標だったようだ。
    が、
    「そのままで、いいじゃない。積極的に大声で話をどんどんしていくのも、いいのかもしれないけど、それより、相手への思いやりのある人の方が、好きだな。
    信頼できる人になる事の方が、ずっと大切だと思うよ。」
    と話をした。
    「色々な人を見て、もし、あんな風になりたいな、とずっと思っていたら、そうなるよ。
    今の自分に、加えていけばいいんだよ。
    でも、何よりも、今の自分を好きでいることが、一番大切だと思うな。」
     
    Taikiですら(家では、うるさいくらいなのだが)学校では、別人のようにおとなしいようだ。
    休み時間の風景を見ていると、
    (どうすればいいのかな?どう動けばいいのかな?)
    と、一生懸命体中で感じ取ろうとしているのがわかる。
    だけど、だけど、みんなと一緒で、楽しいのも、とても伝わってくる。
    「学校に、いきたくないよ・・。」
    一度でもそう言っていたら、こちらも心配していただろうが、彼らは、どんなにおっくうな時も、ブルーな時も、なんとか気持ちを持ちこたえてきたのだと思う。
    それで、本当に充分だと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

:**: :aahikari: :aaicrown: :abaheartwing: :abbheartwing: :abckatabane: :abdhanepata: :ang: :angael: :angbhert1: :angcheart: :angdhaat1: :anggfusen: :anghfusen: :anhaonpu10: :anhaonpuu20: :anhha-pu1: :anhi: :aoacandy: :aobcandy: :aoccandy: :aodais: :aoeice: :aofpafe: :aofpurin: :aogkkigori: :aohcake: :aoicake: :aojcake: :aokcake: :aparingo: :apbcherry: :apcbudou: :apdbanana: :ape: :apfjam: :aqaoni: :aqcbeen: :arakecya: :arbmayo: :arboerpu: :arbohakari: :arbohou1: :arboma: :arbomedama: :arbonabe: :arbonabetukami: :arbopot: :arbotama: :asaknife: :beercup: :beerdmilk: :beerdrink: :beere: :bfa: :bfb: :bfc: :bfd: :bfe: :bff: :bfg: :bfh: :bfi: :bfj: :bfk: :bfl: :bfm: :bfoclover: :bfq: :bfrpinkkanhana: :bfspinkkumaki: :bfsq: :bftpinjmushi: :bfupinjmbatafly: :bfvhachi: :cardensya: :carhiheri: :carhikouki: :carhosipital: :carpink :cartrack: :caryotto: :carzwakaba: :comezamashi: :cpahouse: :cpahprgqmail: :cpaigomi: :cpakart: :cpc: :cpcmouse: :cpctv: :cpd: :cqkitosh: :cqkitshirt: :cqkutushita: :cqkuubag: :cqlabfbox: :cqlbfcxmaru: :crasofa: :crbtana: :crchon: :crdnote: :crehoome: :crfmemo: :crgpen: :crgr: :crha: :crhb: :cria: :crib: :cric: :crid: :crie: :crif: :crig: :crih: :crii: :crij: :csa: :csb: :csc: :csd: :cse: :csf: :csm: :csn: :cso: :csp: :csq: :csqashiato: :csrpig: :ctatori20: :ctbtori10: :cubusagi: :cucusanez: :cvatori: :cvbtori: :cvcpiyo01: :cvdpiyo02: :cxkaemokui: :cxkaerukun: :cxkaerukuna: :cxkaeruoyasumi: :cxkaerupari: :cxla: :cxlb: :cxlc: :dan-pen04: :dan-pen05: :dan-pen06: :dan_pen09: :line_pen03: :mail_pen01: :mus_pen01: :mus_pen03: :mus_pen06: :mus_pen08: :mus_pen09: :oth_pen41: :oth_pen46: :oth_pen50: :oth_pen51: :peep_pen08: :pen1_10: :mail_pen07: :pen0_01: :pen0_02: :pen0_03: :pen0_04: :pen0_06: :pen0_07: :pen0_08: :pen0_10: :pen0_11: :pen0_12: :pen0_13: :pen0_14: :pen0_15: :pen0_16: :pen0_17: :pen0_19: :pen0_20: :pen0_23: :pen0_24: :pen0_27: :pen0_31: :pen0_34: :pen0_36: :pen0_37: :pen0_38: :pen0_39: :pen0_40: :pen0_41: :pen0_43: :pen0_45: :pen0_46: :pen0_47: :pen0_48: :pen0_49: :pen0_50: :linekira3: :linekira: