世界の中心で、何をさけぶ?

 今日の目的はウルル登山。
 早朝5時のモーニングコールで起床。6時15分のバスで出発して、まず、ウルルの日の出を見に行く。
天気は快晴で、気温は1℃くらい。凍えそうなほどの寒さに、昨日用意したチキンヌードルを食べる。お湯を用意しておくので、とジャッキーが勧めてくれていたが、カップヌードルのおかげで、体が温まった。日の出と、太陽の光で朱色、オレンジ、そして金色に変化していくウルルの姿は、その寒さをも吹き飛ばすものだった。
cimg1066r
 朝日が昇り、もう一度、バスに乗って、今度は、いよいよそのウルルへと向かう。

 間近で見ると、圧倒されるほど大きい。高さ348メーター(東京タワーよりも高い)の一枚岩だ。 
 アボリジニの聖地だということで、申し訳ない気もするが、とりあえず彼ら(原住民たち)の許容範囲内なのだと、自分を納得させつつ、いざ!
cimg1110rcimg1101r
cimg1103r  まず、金属の杭チェーンが張ってあり、それを頼りに登っていくことになる。とても急な勾配なので、チェーンを持っていないと、非常に危ない。ただ、そのチェーンが膝丈ほどの低い位置に張ってあるので、腰をかがめないといけない。これがきつい。息は切れるし、足は痛むし・・時々傾斜のゆるい場所で後ろ向きに座って休まないと、とてもじゃないが登り続けられない。

 休憩をしようとして後ろを向くと、転がり落ちていきそうな錯覚に陥る。
不覚にも思い出してしまったが、自分は、足場の狭いところでは、かなり高所恐怖症の気があるのだった・・。icon-ase 
 今頃、そんなことを・・思い出さなかったことにして、意識の深ーい底の方まで、沈めてしまおう。無心の境地!!
世界の中心で、(残念ながら愛ではなく)恐怖に小さく叫びながら、それでも上へ、上へ、と登っていく。

 男の子たちは、とうの昔に、どこか見えないくらい遠くへ行ってしまった。若い・・。 
 Aiはどうかと言うと、ゆっくりではあるが、やっぱり確実にその歩を進めている。とうとう彼女にも体力で追いつかなくなってしまったようだ。もう一度言うけど、若い・・。 
 とにかく、ここまで来て頂上まで登らないわけにはいかない。オーストラリアでの一生の思い出に、無念を残したくはない。無心で登るのみである。
「そこが頂上かって思ったら、まだまだ上があるっちゃんね。」
というAiに
「それが、人生っていうものよ。」
なんてカッコつけながら、実は、リタイア寸前、ギリギリ状態。 

 途中降りてくる人が、時に挨拶を交わしてくれる。笑顔を顔に貼りつけつつ、挨拶に答える。
「とっても大変!」
時には、弱音も吐いてしまう。すると、私のため息を聞きつけた、下山中の一人の女性が、
「このロープの所が一番大変だけど、もうあと少しよ。それからは、ずっとラクになるから!」
と教えてくれた。
「えっ?!・・そうなんですか?ありがとう!」
と単純な私は、その一言に俄然、元気を取り戻す。そして・・とうとうチェーンがなくなり、本当に、今度は、少しゆるやかな坂道になってきた。

 「もう少しだよね!」
とAiやHaruと励まし合う。起伏のある道、ひとりがやっと通れる細い道・・道しるべの白線の上を辿ってとにかく登る。
 実際はそれから、まだまだかなり距離はあったのだが、腰をかがめ、足先を30℃くらい上げ続けての登山に比べると、天と地の違い。ロープなどに頼らず一人で立って歩ける!人類、直立2本足歩行の幸せ!
cimg1094r

cimg1096r

 そうこうする間に、太陽は昇って、遮る物のない場所で気温はすぐに20℃近くまで上がってきた。ただ、時折強い風が吹きつけてくる。帽子などかぶっていられないくらいだ。風に煽られながら、それでも歩き続けると、Shouが迎えにやって来た。
「Taikiは穴の中で待っとおけん、大丈夫。もうちょっとやけん!」
 ふと気づけば、ここでも博多弁の家族だった。それはともかく、頂上まで行った若者がそう言うのだから、ゴールはきっと間近なのだ。再び登る、登り続ける・・そして・・

「Well Done!(よく、がんばってきたね!)」 
 シニアの女性に向かって、ねぎらいの声をかけている人がいる。・・ということは?頂上だ!!Taikiも穴の中から出て来て(風をよけて安全な場所にいたらしい)、合流。きっと、乗り物であっという間に登ったのではなく、一歩一歩自分たちの足で歩いてきたから、一層感動を味わえたのだと思う。きっと、この瞬間は、家族にとってのかけがえのない思い出になることだろう。cimg1084r3r_02頂上からの景色。今日も又、快晴。

 頂上には、方位と周りの景色を描いてあるオブジェがあった。このW(West 西)の文字を逆から見ながら、白人の若者、
「Where is Mc Donald?(マクドナルド、どこ?)」
と叫んで、周りを笑わせる。本当に、彼らのユーモアには、感嘆してしまう。
cimg1092r1r

 ここで、ひとつどうしてもしなければならない事があった。それはTaikiの髪の毛の記念撮影。
(写真は本人の希望により、一部修正しております・・icon-mrgreenafro
シドニーへ来てから、アフロになりたいから、と言って、どうしても髪の毛を切らせようとしなかった彼だが、この地へ来る前に、
「ウルルでアフロを撮影したら、髪の毛をきる!」
と宣言していたのだ。
「よっしゃ!アフロ撮影!!」
一体、なぜ、そんなにアフロになりたいのか、一体なぜ、ウルルでのアフロ撮影が彼の転機になるのか・・謎である。
これは、幼い頃、一時期「大きなカメさ
ん!」と呼ばないとShouが返事をしなかったり、右と左で違う靴下を、どうしてもはきたがったり、Aiが、降っても晴れても、いつも傘を抱えて長靴をはいて出歩いていた時期があったり、それと同じような事なのだろう。そんな気持ちなのだから、しかたがない。
 とにかく、これでシドニーに帰ってからは、アフロ志願断念!という事なのだから、めでたい限りだ!!pen0-27

 下りも、後半は急な坂なので、結構きつかったが、登りほどではない。ただ膝はガクガクだった。

ふもとまで降ると、少し休憩して、ウルルの周りを少し歩いた。ダイナミックな岩の造形、洞穴、そしてアボリジニの描いた壁画などがあって、興味深かった。cimg1123rcimg1115r

2r_01hekiga1cimg1221r

 スニーカーは、すっかりオレンジ色に染まっている。
きっと、この地に来る事は二度とないが、この、世界で一番大きな一枚岩は、人間の小ささ、弱さ、そして自然の偉大さ、不思議さ、言葉にできない様々な感動をあたえてくれた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

:**: :aahikari: :aaicrown: :abaheartwing: :abbheartwing: :abckatabane: :abdhanepata: :ang: :angael: :angbhert1: :angcheart: :angdhaat1: :anggfusen: :anghfusen: :anhaonpu10: :anhaonpuu20: :anhha-pu1: :anhi: :aoacandy: :aobcandy: :aoccandy: :aodais: :aoeice: :aofpafe: :aofpurin: :aogkkigori: :aohcake: :aoicake: :aojcake: :aokcake: :aparingo: :apbcherry: :apcbudou: :apdbanana: :ape: :apfjam: :aqaoni: :aqcbeen: :arakecya: :arbmayo: :arboerpu: :arbohakari: :arbohou1: :arboma: :arbomedama: :arbonabe: :arbonabetukami: :arbopot: :arbotama: :asaknife: :beercup: :beerdmilk: :beerdrink: :beere: :bfa: :bfb: :bfc: :bfd: :bfe: :bff: :bfg: :bfh: :bfi: :bfj: :bfk: :bfl: :bfm: :bfoclover: :bfq: :bfrpinkkanhana: :bfspinkkumaki: :bfsq: :bftpinjmushi: :bfupinjmbatafly: :bfvhachi: :cardensya: :carhiheri: :carhikouki: :carhosipital: :carpink :cartrack: :caryotto: :carzwakaba: :comezamashi: :cpahouse: :cpahprgqmail: :cpaigomi: :cpakart: :cpc: :cpcmouse: :cpctv: :cpd: :cqkitosh: :cqkitshirt: :cqkutushita: :cqkuubag: :cqlabfbox: :cqlbfcxmaru: :crasofa: :crbtana: :crchon: :crdnote: :crehoome: :crfmemo: :crgpen: :crgr: :crha: :crhb: :cria: :crib: :cric: :crid: :crie: :crif: :crig: :crih: :crii: :crij: :csa: :csb: :csc: :csd: :cse: :csf: :csm: :csn: :cso: :csp: :csq: :csqashiato: :csrpig: :ctatori20: :ctbtori10: :cubusagi: :cucusanez: :cvatori: :cvbtori: :cvcpiyo01: :cvdpiyo02: :cxkaemokui: :cxkaerukun: :cxkaerukuna: :cxkaeruoyasumi: :cxkaerupari: :cxla: :cxlb: :cxlc: :dan-pen04: :dan-pen05: :dan-pen06: :dan_pen09: :line_pen03: :mail_pen01: :mus_pen01: :mus_pen03: :mus_pen06: :mus_pen08: :mus_pen09: :oth_pen41: :oth_pen46: :oth_pen50: :oth_pen51: :peep_pen08: :pen1_10: :mail_pen07: :pen0_01: :pen0_02: :pen0_03: :pen0_04: :pen0_06: :pen0_07: :pen0_08: :pen0_10: :pen0_11: :pen0_12: :pen0_13: :pen0_14: :pen0_15: :pen0_16: :pen0_17: :pen0_19: :pen0_20: :pen0_23: :pen0_24: :pen0_27: :pen0_31: :pen0_34: :pen0_36: :pen0_37: :pen0_38: :pen0_39: :pen0_40: :pen0_41: :pen0_43: :pen0_45: :pen0_46: :pen0_47: :pen0_48: :pen0_49: :pen0_50: :linekira3: :linekira: