2020年06月07日(日)

天候:曇り後快晴
参加者:田崎、野中、武内、平田
走行距離:320 km (8時~17時40分)
記録:武内

前日から雲の様子が気になっていた。 7日は朝になっても厚い雲が空を覆っている・・・気温も少し低い。

雨具を持って、服装は夏のいでたちに・・・何といっても6月である。 ガスを入れて走り出す・・・寒い!

引き返して1枚着こむことも考えたが時間が惜しい。 「いざとなったら合羽を着ればよい」と腹をくくって集合場所に向かった。

福重のナフコに8:00集合、先ずは平田さんと田崎さんのインカムのペアリングを 行った。 車列の先頭は平田さん、野中さんと私を挟んで最後尾は田崎さんが受け持つことで 連絡に不安はない。

向かうは平戸方面と決まり、一路、西九州自動車道を西進した。 時々、ミラーに映る平田さんの口が動いている・・・どうやらインカムは好調のよ うだ。

伊万里東ICを降りて大平山展望台に10:00到着。 花はアザミ、鳥はウグイス、緑が萌える山頂からは眼下に名村造船所、福島が一望できる。


山を下り、オレンジ色の平戸大橋、空色の生月大橋を経て生月島に入る。 今日はバイクが多い、すれ違いうときにサインを送ってくれる・・・やはり年寄りが多い(笑)


昼食は生月島の「ひといき」にて、12時の開店時間の少し前から店に並んだ。 他の店の前にはすでにバイクがたくさん止まっている。

昼食はフライ派と海鮮丼派に分かれた、私はフライであったが・・・ お向かいさんの丼の底から湧き上がるように出る刺身を眺めるだけで、充分に海鮮丼を味わえた(笑)


食後は生月島を一周、途中でオオバエ灯台に立ち寄った。 今日は光がいい・・・海も断崖も山も緑も絶景である。


生月島を出るころにガスが心もとなくなる・・・ 頑張って暗算する、今日の燃費は19㎞/?、まぁ、何とかなるだろうと予想した。 平田さんも給油の頃合いというから平戸辺りで給油と踏んだ。

生月大橋、平戸大橋を引き返す・・・海の上はひんやりと心地い。 朝方、あれほど寒かった気温も今では暑さが気になる・・・何といっても初夏だ。

ガソリンスタンドの事だけを考えながら平戸を走る(笑) ようやく204号沿い、田平公園近くのガソリンスタンドにたどり着く。 ここも車とバイクでいっぱいだ・・・給油待ちの列に並ぶ。

平戸の街では田平教会に立ち寄った(歩いて正門からはいったぞ!)。 レンガ造りの立派な建物である。 入り口正面のルルドの聖母像がある・・・さすが、カトリック教会だ。 駐車場には観光バスも止まれるようになっているが・・・ 観光と信教の共存には悩みが尽きないようだ。



平戸の街を後にし、江迎町→世知原→国見峠と抜ける。 エンジンが良く回る、ワィンディングが楽しい。

お茶の時間は「伊万里珈琲館」にて、15:30到着。 ここは10年ほど前に立ち寄った記憶がある。 川を挟んだ結婚式場の時計台と、駐車場へと道から下る坂が記憶に残っている。


ティータイム後は西九州自動車道を唐津に抜ける。 ここで野中さんと別れ、七山に向かい少し走ってお土産調達、鳴神の庄にて。 あいにくと品数が少ない(売切れ?)持ち運びが楽な刺身こんにゃくを購入した。

七山村から長野峠を抜けて糸島に入る、5時過ぎだが日はまだ高い、日差しも強い。 木立から差し込む光が路面に強い明暗を作り出す。

日向峠を下ったところで田崎さんと別れ、野方に帰着したのが17時40分であった。 総行程は320㎞、いつもより少し長めのツーリングとなった。

次回は6月27日(土)が候補日となっている。 折しも梅雨の季節・・・雨が中休みとなる事を祈っています!


福重ナフコ(8時) → 西九州自動車道 → 伊万里東IC → 大平山(10時)→ 伊万里大橋 → 生月島「ひといき、昼食」(11時45分) → 大バエ灯台 → 田平教会(14時) → 江迎町  → 世知原 → 国見峠 → 「伊万里珈琲館」(15時30分) →  西九州自動車道 → 鳴神の庄(16時45分) →  長野峠 → 日向峠 → 野方(17時40分)

blog/2020年06月07日_日.txt · 最終更新: 2020/06/11 15:07 by yositake