2010年11月23日(火,祝)

曇り
参加者(野中、吉武、武内、平田) 240km(8時〜17時)

 青空バックに赤、黄、緑のコントラストが今年はとりわけ綺麗でした。有田ダム、有田町内公園のもみじです。夏の猛暑があっても、秋の冷え込みが十分だったようで全国的に紅葉のコントラストがくっきりと現れています。
 今シーズンを締めくくるツーリングは、東彼杵に眺望の良い食事処があると出かけたのですが、結局その場所は分かりませんでしたが、晩秋の景色を十分堪能する事が出来ました。 銀杏、はぜ、桜、つつじ等それぞれの色に変化し、走りながら目を楽しませる事が出来ました。
 唐津の西九州自動車道路の温度計は朝から14度台を示していましたが、午前中は日差しが無く肌寒く感じました。 途中武雄市、波佐見町の境界にある神六山公園に寄ったのですが、視界は360度展望がきき天山、虚空蔵山、多良岳等遠くの山もはっきり見ることが出来ました。時々時季遅れのコスモスが綺麗に咲き誇っているところもありましたが、麓の里は勿論山々の中腹の紅葉も見て取れます。山頂には国交省他の無線中継所がありますが、傘の形をした避雷針がユニークでした。雷様もなんだこりゃと面白がって集まってくるんでしょうね。その後東彼杵の道の駅で買い物と、明治時代の移築民家を見学しました。
 お昼は食事処を探して大崎半島まで行き着き「しおさいの湯」で取りました。結果的には眺望の良い場所でした。ウィンドサーフィンをやっている大村湾が一望できる座敷で、暖かいものをゆっくり味わう事が出来ました。内海だけに波静かですが、風があるのでサーファーは30km以上で滑走していました。
 帰路、紅葉の名所の有田ダムに立ち寄りましたが、もみじが今を盛りに美しく紅葉し、暫しカメラで散り行く晩秋風景を記録していました。また有田町の土俵がある公園のもみじも綺麗で、デイケアーの入所者も気分転換に大勢来ていました。
 最後のティータイムは唐津の喫茶店に寄りました。鄙びたところですが、中々ティータイムが取れる場所が無くケーキセットは重宝しています。16時を過ぎると気温が急激に下がり、肌寒い中日暮れ前に無事帰り着きました。次は3月から再開しますのでまた楽しく安全に走りたいと思います。皆様お疲れ様でした。

福重 → 唐津市 → 佐里 → 神六山公園 → 嬉野市 → 東彼杵 → 大崎半島  → 有田町 → 唐津市 → 日向峠 → 野方

有田町の土俵がある公園にて
有田ダムの紅葉

blog/2010.11.23.txt · 最終更新: 2018/04/09 17:29 by yositake