2017年03月18日(土)

曇り時々晴
参加者: 吉武夫妻、田崎、野中、武内、林、平田
走行距離: 220km (8時~15時30分)
記録:吉武真理

 私は数年ぶりのツーリングで、出掛け車庫出し直後に早くも転倒・・・からの参加で、初心者同然の女性ライダー、付いていけるのかと不安ながらの参加でした。バイクはカワサキのエストレヤ。トンネルと山道での低速走行、皆さんに迷惑をかけましたが、ジェントルマンのメンバー揃いで、ペースを合わせてくださって、無事、楽しいツーリングができました。ありがとうございました!

 さて、この日は参加者7名、天気は曇り、野方(福岡市西区)出発で目的地は平戸です。

 福重ナフコに8時集合。7台バイクで走れるという事で、意気が揚がりました。最初の目的地は平戸の瀬戸市場です。 ここのところ数日暖かかったのですが、この日は曇りで、予想外の寒さ。 走っていると、とにかく寒い! なんと、T氏とH氏の大型バイクにはグリップヒーターがついていて、体はともかく手の凍えるような寒さはないそうでした。装備が違う分、厚着してくるべきだったと反省。 とはいえ、ツーリングに「予想外」というのはつきもの。 「寒い!!」と言える仲間がいるのが救い。あとは気合でクリアです。

 私の難関の一つはトンネル。
トンネルは苦手(怖い)ので、いつも歌いながら走ります。 この日は連なるトンネルに、歌い続けていたので、体もちょっと温まるくらい(笑) その次は、風。伊万里大橋のすばらしい風景に感動しながらも、強い風に煽られないよう身体を低くして耐えます。(昔、志賀島への道中、橋の上で強い風に煽られ、あれよあれよという間に反対車線に飛ばされた、あの恐怖・・・) ツーリングというのは、楽しいですが、ワタシ的には、その楽しさの中には「自分と戦う」とか、「過酷な状況に耐える」とかも含まれている気がします。

 さて、11時頃平戸瀬戸市場に着き、いよいよメインイベントのイチゴ狩り。 ・・・のはずが、 「予約がないとイチゴ狩りはできません。」 との係員の言葉に、みんな愕然としましたが、リーダーのH氏は交渉続行して、OKをもらいます!さすが!
 平戸瀬戸市場が運営するイチゴ畑へ!
ずらりと並んだバイクです♪(写真)

「さちのか」という種類のイチゴ狩りは30分間1200円。 「イチゴは2パック食べたら元がとれますよ」 と言われ、そんなに食べれるかな?と思いましたが、ここへ来るまでの寒さもイチゴの甘さで吹き飛び、満喫できました。 結構大粒のイチゴで、甘さと酸味のバランスがとても良かったです♪


 イチゴ狩りで平戸瀬戸市場の商品券をもらって、再び平戸瀬戸市場へ。 海のすぐ側の市場は、水産品、農産品と豊富な品揃えでとても賑わっていました。 買い物の後は、又しばらく走り、小さなラーメン屋さんでお昼ごはん。
 そこから今度は少しなだらかな山道を走りました。 上り道のカーブ、スピードが遅くなった私は前のバイクが見えず、1人で脇道に突っ込んでしまいましたが、直ちに道案内をしてくれるバイクが現れ、助かりました。 で、星賀城山展望台。 長い階段を登っていくと、そこには大空と美しい景色。 鳶や鷹が飛んでいて、大きなカメラを持って撮影に来た人もいました。
 帰路は伊万里大橋、唐津伊万里道路、日向峠を通り野方へ。

 初心者にも優しいツーリングサークルでした。 次は、もっと走ってスピードに慣れてから参加したいです。


福重(ナフコ) → 唐津伊万里道路 → 伊万里大橋 → 伊万里松浦道路 → 平戸口→ 平戸瀬戸市場 →イチゴ狩り&昼食 → 北松ロード → 伊万里大橋 → 伊万里松浦道路 → 日向峠 → 野方

blog/2017年03月18日_土.txt · 最終更新: 2017/12/03 22:37 (外部編集)