ツーリングの行き先などを記録しておきますね;-)


2019年08月24日(土)

天候:曇り、小雨
参加者:田崎、林、平田
走行距離:240 km (8時~16時)
記録:平田

 基準排水量 約5,100トン、全長151m 全 幅:18.3m 深 さ:10.9m、主機関 ガスタービン4基(2軸)、馬力 64,000PS、最大速力30ノット、主要装備 高性能20ミリ機関砲 2基、VLS装置 1式(短SAM、アスロック兼用)、62口径5インチ砲 1基、魚雷発射管 2基、SSM装置一式、FCS-3 1式、航海レーダー 1式、水上艦用ソーナーシステム 1式、えい航式パッシブソーナー 1式、魚雷防御装置 1式  EW装置 1式、情報処理装置 1式(WEBより)

 以上、下関市唐戸岸壁で遭遇した護衛艦「ふゆづき」の諸元。24日当日は馬関祭が唐戸市場周辺で開催され、何気なく立ち寄った昼食のそば屋の目の前に停泊し、一般見学会が行われていた。今回は天気の不安を抱えながらのツーリングで、降水確率が低めな地域として、近場の下関が候補地となる。彦島にある老の山公園から関門海峡、玄海灘、北九州市街地の遠望を楽しもうと、目的地とする事に。
 午前8時に野芥を出発、玄海灘の海岸線を通るルートで行くことに。R3号線バイパスの多々良から先が開通したことは知っていたが、まだ通っていなかったので、一度空港まで東進し、それからR3号線で北上する。さすが3号線、国道が交差するところでは片側6車線、他ではお目に掛かれない。それにしても主要国道は土曜でも通行量が多く、いつまでも車列が途切れない。香椎周辺の真新しいバイパスでは、交差する道路も少なく快走だ!市街地の中を突っ切る場所もあるのに、道路用地の確保が大変だったと推察される。古賀市花見から津屋崎方面へと入り込み、後は田舎道をのんびり走る。旧津屋崎町役場横のコンビニで最初の休憩、此処まで1時間50分。
 何処までも低く垂れこめる曇、いつもならここからの絶景海岸線はツーリングとして楽しめるコースなのだが、何せ雨がいつ降り出すかとの不安を抱えていると快適気分も半減。松林が続く海岸線側へ回り込む気持ちを抑え、ショートカットのルートで先を急ぐのみ。若戸大橋経由で戸畑に入り、そのまま小倉駅の北側経由で、門司の海岸通りを走り抜ける。漸く通行料100円の関門トンネルへ入るが、それまで割と冷ややかだった気温が、一気に夏の温室の中に入ったようにむっとする。排ガスも漂っているので、出来るだけ早く抜け出したかった。やっと深呼吸が出来る下関側に通り抜け、彦島を目指す。海を跨ぐ彦島大橋を渡ると小高い丘が正面に現れ、案内板に従い丘陵頂部の公園へ。更に頂上は駐車場から3分程の丘の上、汗をタラタラ登ったのに下関3大がっかりの老の山公園!360度の眺望は望めず、木々に阻まれ部分的な視野しかない。誰かあと10mを超える展望台を作ってくれたら、訪問者ももっと増える事間違いなし。

 雨の心配もしつつ、食事処を探し唐戸市場方面へと向かう。本当は海鮮丼等を目指したいが贅沢はいえないし、唐戸市場へ入り込むと待ち行列で時間が掛かりそう、ということで目についた 生そば あずま(東京スタイルの醤油色出汁)にUターンして入る。そこで目に入ったのが冒頭の「ふゆづき」の一般公開。最初は見学予約が必要かなと、まあそれでも近くまで行って写真でもと、いう事になった。近くにいた自衛官に見学の事を尋ねると、予約なしで持ち物検査だけして貰えればOKとの事。滅多にない機会とゆっくり乗船見学。


目の前の装備は迫力あるものばかりで、電子戦兵器ばかりで人間のスキルが入る余地なしか。建造費700億円台になっているのも頷ける。甲板の案内員に装備の事などを質問しつつ、カメラシャッターをお願いする。他にジープの展示などもあり、見学に小一時間はかかった。まだ空はどんより状態で、いつ降ってもおかしくないし、林さんの雨雲レーダー情報によると、降水まで残された時間は2時間程度。究極の選択肢として、帰路全線高速利用で出来るだけ早く帰る事に決定!古賀SAでティータイムと決めていざ高速へ。
 いつもの事ながらホークが100kmを超えるとトラブル不安が対数的に上昇!先頭の林さんが90km程度で走ってくれたが、それでも時には追い抜きが必要な場面があり、やっとの最高速度110kmが精一杯。混雑する古賀SAでコーヒー休憩をとり、まだ空模様はいけるかな?の状態にも見えたが、平田以外は合羽着用無しでまた本線へ。5分もしないうちに小雨が落ちてきたが、お二人は少し肌寒い思いをされたかも知れないし、風を受けて着干しで何とかなったかも知れない。今回は最初から空模様が怪しかったが、滅多に遭遇しない自衛艦の見学が出来たのがラッキーだった。


野芥 → 環状3号線 下道 → R3号線 → 津屋崎 → 芦屋 → 若松 → 若戸大橋 → 小倉 → 関門トンネル → 彦島 老の山公園(11時45分) → 唐戸 生そば あずま(12時30分) → 自衛艦「ふゆづき」乗船見学 → 関門橋 → 九州州自動車道 → 古賀SA(14時50分) → 都市高速 →  野方

2019/08/30 14:05 · yositake

2019年07月27日(土)

天候:快晴
参加者:野中、林、田﨑
走行距離:271 km (9時~17時30分)
記録:田﨑

 5月6月の晴天続きで水不足が心配されたかと思うと,一転土砂降りの梅雨空続き。そして数日前にやっと梅雨明け宣言がなされた7月27日,野中さん,林さん,田崎の3名でツーリングに行きました。今回は林さんの提案・先導で,なるべく涼しい所という事で,鍋ヶ滝,菊池渓谷,大観峰を廻る計画でした。
 午前9時,みなみの里を出発,386号線,県道80号線から朝羽大橋を左折,長栖高橋線に入る。この道は筑後川の広い河川敷を左手に見ながら気持ちよく走れる,信号の少ない快走路である。10時丁度にセブンイレブン日田高瀬店に到着,いったん休憩の後212号線を南下,杖立を経て小国に至る。小国から387号線を西へ,黒渕簡易郵便局の辺りから右折,真光寺横を過ぎて鍋ヶ滝に至る。午前11時。鍋ヶ滝の駐車場直前で車が渋滞,バイクの強みで,空いた狭い場所にスルスルとはいって駐輪。坂道を下ると滝。この滝は,滝の裏側に回れることで有名な滝で,中学生と思われる集団,家族連れ,カップルなど,多くの人が来ていました。我々も滝の裏側にまわり暫し納涼。


 菊池渓谷の方面に向かい,適当なところで昼食をとろうという事で,鍋ヶ滝を出発。「道の駅 かみつえ」に立ち寄る。ついでに昼食をここでとろうという事になり,3人ともお蕎麦を食べました。腹ごしらえも出来たところで,林さんからの提案で,菊池渓谷は何度も行ったことがあるので,オートポリスに行ってみようという事に。鍋ヶ滝からかみつえに至る道々に「オートポリス」の看板がちらほら出ていました。「オートポリス,自動車の警察?何やろ〜」と思いながらぼんやりと見ていましたが,林さんの説明では自動車のレーシングコースだとか。知りませんでした。Police(警察) ではなく Polis(都市国家) でした。広大な敷地にレーシングコースがあり,四輪,二輪のレースや走行練習が行われる所だそうです。

受付の女性から説明を聞き,暫く待っていると一つのグループが練習走行を始めました。古い車をレーシング用に改造した車や,ナンバープレートを付けたままの車がコースを疾走し始めました。バックストレッチを爆音を轟かせながらぶっ飛ばしていました。ただちょっと「爆音の割には走ってないなぁ」と感じました。でも,多分二百キロ近い速度で走っていたのでしょう。暫くしたら,別のグループの走行に替わり,今度はフォーミュラーカーが走り始めました。やっぱりこちらの方が速いように感じました。暫くメインスタンドから眺めた後,カーブを曲がる所が見える所に場所を移して,又暫く眺めた後,大観峰に向かいました。暫く走って視界が開けてくると,本当にいつもながら感動的な景色が広がります。天気も申し分なく,右手に阿蘇の五岳,左手に久住連山を眺めながら快走,大観峰に至る。大観峰はいつもながら大賑わい。暫し雄大な眺めを堪能した後帰途に着きました。
 帰り道は,朝,みなみの里に巨峰が沢山出ていたので,巨峰を買って帰りたい,という事になり,高速ではなく,来た道を帰る事に。夕方4時半にみなみの里に到着。野中さんは桃を,林さんと田崎は朝採れの巨峰・ピオーネをお土産に購入,解散。充実の一日でした。林さん,先導有難うございました。

みなみの里 → 212 日田 セブンイレブン → 小国 → 387 → 鍋ヶ滝 → 道の駅 かみつえ 昼食 → オートポリス → みなみの里

2019/08/07 15:35 · yositake

2019年06月22日(土)

天候:くもり
参加者:野中、林、石橋
走行距離:307km(石橋.8時~17時20分)
記録:石橋

参加者の住居を考慮し、集合場所は「筑前南の里」で合流。林、石橋は先に合流して筑前へ向かうが朝のラッシュで約束の時間(9時)にチョッとだけ遅れたが無事出発。ツーリング計画は林さんにお任せ。日田経由で阿蘇まで。

お昼は「三愛レストハウス」にて。私は人気№1と言われる「赤牛ハンバーグ定食」まずまず。このレストハウスの裏に「kushitani cafe」なるものが出来ておりました。店の前にはライダーがぞろぞろ(殆どシニアライダー)

あとは家族への土産を買って(何か買って帰らないと大変な事に・・)

今回2回目の参加となりました石橋ですが、前回(3月31日)の桜見ツーリングは、桜は良かったが寒くて鼻水をすすりながらのツーリングであった。それと比べると、今回はうす曇で、暑くもなく、風が気持ちよいツーリングとなりました。休みがうまく合えばまた参加させていただこうと思います。皆様よろしくお願いします。

平成H→筑前南の里→日田→ファームロード→瀬の本公園→やまなみハイウェイ→日田→久留米→筑紫野→小笠木峠→早良(東入部)

2019/06/22 18:51 · ishibashi

2019年05月25日(土)

天候:晴れ(真夏日)
参加者:林、柴田、平田
走行距離:290 km (8時~18時10分)
記録:平田

 定番の紫、赤味の強い紫かと思えばピンクに純白、確認した色の種類でも何10種類以上。花弁の枚数・形まで含めるとそれ以上の花しょうぶ、こんなにあるのかと驚く。ここは大村城址のお堀に広がるしょうぶ園。たまたま休憩がてら立ち寄ったら、夜間のライトアップも行う花祭りの開催期間中。ラッキーとばかりに暫しの花見となった今回のツーリングだった。
 (例年5月下旬から6月中旬に江戸系、肥後系、伊勢系の171種類、約10万株およそ30万本もの花菖蒲が咲き誇る大村公園。会場の板敷櫓下に広がるお堀跡には、優雅で気品のある花菖蒲と城跡の石垣が見事に調和する、風情ある眺めが広がります。WEBより)



 季節、天気、気温、日照時間と1年の中でもツーリングベストシーズンとなったので、いつもより遠出は可能に。但し、この日は福岡でも32℃の真夏日となるなど、日本列島は高温記録が続出し、おまけに光化学オキシダントの注意報が出る等異常気象の様相。
行先は相談の上で、船上で休憩出来、距離が稼げる2年半振りの島原半島上陸。
 三瀬峠はいつもながら下界と比べると気温は冷やっと状態。新緑の中快調に南下していたが、この日は前にトラック2台が連なり、田植えが始まった山間部を、神埼まで進む。有明海に向かってR385号を南下し、大川市で有明沿岸道に乗り、そのまま渋滞もなく長洲港フェリー乗り場へは10時30分に到着。250ccは1,150円を払い、トラックの停止線前に進む。11時の出港までにターミナル売店でそれぞれお土産を調達。熊本名物で販売しているのは初めて見たタイピーエンを購入したので、おいしかったら皆さんへお勧めしたい。

 フェリー屋上に陣取って潮風と遠望を楽しもうとしたが、如何せん、乗船後すぐにはオキシダントで対岸の普賢岳さえ見えず、北側の多良岳、五ヶ原岳の山並みが霞んで見えるだけ。潮風と日射を受けながら、これからの予定を暫し相談。海はまるで内水面の湖面並みの波高。カーナビのスピード表示によると時速19kmで揺れもなく45分程で田比良港に到着。
 着岸はお昼に丁度良い時間となり、島原市まで海岸線の国道を南下し、前回立ち寄った「仲よし」で昼食とする。ここは田舎のファミレス?よろしくメニューが豊富。定食、どんぶり、麺類、単品と何でもあり、3人ともお店お勧めのメニュートップのチャンポンを注文。700円の価格からするとコスパは非常に良く、味・量共に満足。
(コスパ最高の仲よしチャンポン、ちょっと箸をつけた後でパチリ)
ここまで来たので、がまだすロードを目指し更に南下。処が、西進タイミングが早すぎ、がまだすロードと雲仙グリーンロードの接続点に出て、がまだすロードは1mも走れない、がまんだす!普賢岳から海へ下降している丘陵地帯を横断する雲仙グリーンロードは、両サイドには畑が続き、今はジャガイモの収穫が終わり、夏に向けてスイカ、トウモロコシが目につく。道の駅でもスイカが売られているが、こんなところにも産地があったのを発見。時折田舎の香水も漂う中、雲仙の山並みと有明海を眺めながら快走!
(活動休止中?の普賢岳)
 事前相談では諫早湾干拓道路を横断し、五ヶ原岳の山中に入る予定だったが、雲仙グリーンロードから愛野町へバイパスが延伸され、流れのまま進んだら陸地経由で諫早市へ進入。暫く交通量の多い国道を大村市まで進み、休憩がてら立寄ったのが花しょうぶ満開の大村城址。結果的には奇麗な花を見られ皆さん満足。
 市街地から大村インター入り口方面に入り込み、漸く目指した大村レインボーロードを走る。ここまで来たら恒例のファームシュシュのミルク濃厚ソフトクリームを食しつつ、大村湾の眺望に浸る。高速道路より標高の高いところを縫う道なので、日没の夕日はさぞ奇麗だろうなんて想像しながら50m高の橋脚を走り抜ける。新幹線長崎ルートの工事現場横を通り、快適なワインディング農道。林さん自慢のハーレーステップの摩擦音が響く中自衛隊演習場、丘陵地帯に広がる新緑の茶畑を抜け、峠道を中年ライダー3人組はひた走る。それから先はいつものルートで嬉野市、武雄市を通過し、大坪バイパスの道の駅で最後の休憩をし、後は最短で帰れる災害復旧したばかりの西九州自動車道を通り、日向峠経由で無事帰着。タイミングが合えば色んなものに巡り会えるツーリングって良いですね!

野芥 → 三瀬峠 → 神崎市 → 大川市 → 有明沿岸道 → 大牟田市 → 長洲港 → 多比良港 → 島原市(昼食 仲よし) → 雲仙グリーンロード → 諫早市 → 大村城址 → 大村レインボーロード → ファームシュシュ(ソフトクリーム) → 嬉野市 → 武雄市 → 大坪バイパス → 松浦の里 → 伊万里市 → 西九州自動車道 → 日向峠 → 野方

2019/05/27 17:31 · yositake

古い記事 >>

touring-record-start.txt · 最終更新: 2019/04/04 10:22 by yositake