2019年12月08日(日)

天候:曇り
参加者:田﨑、林、平田
走行距離:200 km (9時~17時)
記録:平田

 プッツン、バシンとヘルメットが外れた。ここはMR松浦駅前の無料駐車場。林さんのスズキカタナのヘルメットフォルダーに鍵を入れようとしたが合わない!苦肉の策で、近場のホームセンターから番線切を買って来て、エイ!ヤー!とばかりに一刀両断。手荒な解決策だが、ヘルメットを無事かぶって帰る事が出来た。久しぶりのカタナ登場に落ちがついてしまった。新たなヘルメットフォルダーと番線切(こちらは他用途に使える)の出費となる。
 朝の二丈町付近の気温は7℃、着膨れの重ね着と冷風対策をしてきたつもりだったが、やはり日差しの無い海風はこたえる。この日は最高でも12℃の温度表示しか見ていない。しかしこの時期にしてはすれ違うライダーの姿をよく見かける。みんな気候に関係なく、走りの虫がうずくのか元気です。今年最後のツーリングのおまけとして企画した今回のツーリング、参加者は最終的に3名となった。今年も3月からよく走りました。皆勤賞はいないが、先ずは事故なく1年走れたことに感謝。
 今回はショートツーリングの為、午前9時に野芥Mr maxに集合し、日向峠越えで西進。目的地は、ぐるなびで検索した松浦市の「サバしゃぶ」店へ。松浦市に入り、時間調整も兼ねて立ち寄った「海の里」には、大きなアジ・サバは勿論、ブリ、マグロ等活きの良い魚が沢山。ここでも海鮮丼等の漁師飯を味わえるようだが、目的のサバしゃぶ店に空いているかどうかの確認電話をしたら、団体客で一杯との返事。嗚呼、行く前で良かったと他の店を紹介して貰う。
 400g以上の旬サバの切り身を使ってしゃぶしゃぶするとの事。勿論、刺身として食べても良く醤油、ゴマダレ、ポン酢と好みに合わせて頂く。サバしゃぶは青魚だが、しゃぶしゃぶすることにより青臭さが緩和され、あっさりと食べられる。30cm皿に1.5人前ずつ載っていて、見た目にも豪華。

しゃぶしゃぶの締めは雑炊付きで、満腹感と温かさを享受したランチタイムとなる。 入店した「あじ彩」は松浦市民のランチ処らしく、日曜にもかかわらず席の半分は埋まっている。

多分、地域密着型の夜をメインの居酒屋で、食べ物もおいしかった。後で知ったが松浦市ではアジフライ企画をやっているらしく、提供している店は20件以上と、地域全体でアジ・サバを盛り上げている。次回はアジフライ定食も試してみたい。
 昼食後に冒頭のハプニングが発生。幸いホームセンターが傍にあり、それ程のロスタイムにはなっていない。帰りは林さんのリクエストで、厳木経由で川上狭方面に向うが、日が陰ってきた山間の古湯温泉でティータイムを取った後、林さんとはお別れ。店内でゆっくり最後の暖を取っても、店を4時過ぎに出たので、三瀬峠を越えても1時間余りで帰宅した。
 今回は最初から200km程度、早めに帰る事を目標にしていたので、昼食のタイミングも考え合わせ、往きは下道の国道、帰りは気温も上がる事を期待し、一部自動車専用道を走行。久しぶりに海岸線の国道をうねりながら走り、沖合に浮かぶ島々を眺めながらのツーリングとなった。  尚、今年参加者が揃わず流れた新年会&決起集会を年明けに企画しますので、奮ってご参加ください。


野芥Mr max → 日向峠 → R202 → 唐津市(10°30′) → 伊万里湾大橋 → R204 →松浦市 海の里(11°25′) → 昼食「あじ彩」 → 伊万里市 → 厳木 風のふるさと館(14°40′) → 天山 → ティータイム 古湯キッチン(15°30′) → 三瀬峠 → 野方

blog/2019年12月08日_日.txt · 最終更新: 2020/02/07 12:04 by yositake