2009年 4月12日

参加者(吉武、柴田、武内、野中、平田) 310km

 例によって午前8時過ぎに野方を出発し、大宰府吉木で野中さんと合流しました。行き先は取り合えず日田まで走ってから決めようという事で、甘木経由で筑後川沿いの道を走りましたが、まだ結構菜の花が残っていて春らしい景色です。サッポロビール日田工場近くの道の駅で休憩し、行き先を相談した結果、五馬高原経由で小国まで行きました。小国といえばそば街道ですし、時間も丁度お昼の時間となっていましたので、地鶏そばを満喫しました。 走行中はまだ八重桜が満開で花見がてらのツーリングでしたが、ネットで調べて山鹿市日輪寺がつつじの名所だったので行って見る事にしました。小高い丘の斜面に沢山のつつじと桜が咲いていました。つつじは7分咲き位でしょうか、また八重桜が綺麗でした。この日は25度をゆうに越えていたので、皆さん頂上に着く頃には一汗かいていました。でもその後の爽快感と山頂からの眺めは熊本の山々まで遠望でき、春のうららかな気分に暫し酔いしれていました。帰りは矢部川大橋が開通したばかりの有明海沿岸道路を通る事になりました。その前に大牟田の喫茶店で最後の休憩です。ケーキセットがないのが玉に傷ですが、ゆっくり出来るところだったので歓談し、気付いたときには40分近く経っていました。後は有明海の夕日を見ながら大川から神埼、三瀬峠と帰ってきました。あれだけ日中は汗ばむ陽気だったのですが、日が沈むととたんに寒くなりました。18時45分野方へ無事到着、皆さんお疲れ様でした。

(ルート)  野方 → 甘木 →  日田 → 小国町(昼食) →  菊池市 →   山鹿市日輪寺 → 大牟田市(有明海沿岸道路) → 神崎 → 三瀬峠 → 野方




喫茶店にて

blog/2009.04.12.txt · 最終更新: 2018/04/09 16:55 (外部編集)