★3.「だいじょうぶ」っていう 言葉

じぶんがだいきらいって思うとき、 どうしてなんだろうって、やるせない気持ちになるとき、 「だいじょうぶ!」っていう、きみの言葉が、 ゆっくりと、ゆっくりと、ぼくの心の痛みをやわらげていく。 そして、いつしか、 (きっと、だいじょうぶ・・かも・・) 小さな光が心に灯る。 そうして、ぼくは、また、歩きだすんだ。 ・    ・    ・ また、助けてもらっちゃったな・・。 照れくさいけど、伝えよう。 ・    ・    ・ ありがとう。いつも。

カテゴリー: ☆プチ羽日和 パーマリンク

コメントは受け付けていません。