♧『絵とき ゾウの時間とネズミの時間』

絵ときゾウの時間とネズミの時間 (たくさんのふしぎ傑作集) 本川達雄 文 / あべ弘士 絵 (福音館書店)

大きいゾウと小さいネズミ、君だったらどっちがいい?

「大きい方が強いからゾウ!」

「私はネズミ。だって、すばしっこいもの。」

この絵本は、大きい動物と小さい動物、それぞれの特徴を、とても面白く、しかも科学的にも書いてくれています。

例えば心臓の鼓動。

ゾウの心臓は1分間に30回。ハツカネズミは600回も!

どんな動物も、一生のうちに心臓は15億回打つそうで、

だから、ゾウはネズミの何十倍も長く生きるそうなんです。

ちょっと考えると、ネズミってかわいそうって思うけど、

でも、もしそれぞれの動物の心臓が

1回打つ時間を基準にすれば、

ゾウもネズミも、まったく同じだけ、

生きて死ぬことになる。

ネズミにはネズミの時間。ネコにはネコの時間。

イヌにはイヌの時間。ゾウにはゾウの時間。

動物たちには、それぞれにちがった自分の時間がある。

それぞれの動物は、

それぞれの時間の中で生きている。

なるほどね・・・って思います。

ここで、あべ弘士さんは、動物たちが地球の上で、ブランコをしている絵を描いています。

素敵です。

面白いのは、例外もいるっていう話で、どんな動物かというと・・・?

★   ★   ★

いつもと違う視点からものを見てみたら、心が広がってちょっと自由になっていく。

この絵本、そんな体験をさせてくれるかもしれません。

カテゴリー: ♧絵本の紹介 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

SPAM防止の為に、次の計算式を入力してから投稿してください * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.