♧『かしこいビル』

かしこいビル (世界こども図書館A)(ウィリアム・ニコルソン 作 / まつおかきょうこ・よしだしんいち 訳 ペンギン社)

おばさんから家に招待されたメリーは、旅の荷造りを始めます。
持って行かなくてはならない物は、たくさん。
オモチャの馬、手袋、ティーポット・・。
もちろん、大好きな兵隊さんの人形ビルも、絶対置いてはいけません。
全部入れようとしても、なかなかトランクに入りきれないので、ああやってみたり、こうやってみたり・・・。

そうこうしているうちに、とうとう出発の時間になってしまいました。
あわてて出発して、気づいてみたら、なんと!
!!!
メリーは、ビルを入れ忘れてしまっていたのです。

置いて行かれてしまったビルは、あまりの出来事に、涙で水たまりができるほど、嘆き悲しみます。
けれど、そこはかしこいビル。背中を伸ばして起き上がり、メリーを追いかけて行くことにします。
メリーを追いかけて、ひたむきに走るビル。

走って、走って・・そして、とうとう!
・・・
見ていて切ないほど伝わってくる彼の一途な思いは、体中で表現されていて、ページからあふれています。
とてもシンプルだけど、大きな感動を胸に残してくれる本です。
小さな子どもも、ビルの切ない思いはわかるようで、いっしょに読んでいると、一生懸命なビルを、はらはらしながら応援しています。

カテゴリー: ♧絵本の紹介 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

SPAM防止の為に、次の計算式を入力してから投稿してください * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.