✵混声合唱団ポロロッカ

昨日は、混声合唱団ポロロッカの定期演奏会にハープで参加させていただきました。

ポロロッカとは「ブラジル大河アマゾンの逆流」の名からきているそうです。

何度か練習に参加させていただきましたが、指揮者内海先生の熱意(美しい日本語・美しい英語・そして音樂!)に、その度に感動しました。

団員のみなさんは背筋を伸ばし、心を込めて歌っていらっしゃって、みなさんの思いがひとつになる時、ものすごい迫力を感じました。

 

構成は、平和への祈り、夏四章、ハープ演奏とアイルランドの歌をハープ伴奏で。

アイルランドの伴奏は、アイリッシュハープが合うとはいうものの、音量の大きさ豊かさのためにグランドハープを使わせていただきました。

ハープ伴奏で合唱を歌う、というのは難しいものだったと思いますが、内海先生の情熱で実現できました。

純粋に真摯に音樂に向かい合い、発音一つ一つにもこだわりながら、大きなイマジネーションを持たれている内海先生。

誰に対しても素直に率直に、時にユーモアを混じえて向き合ってくださる内海先生。

ポロロッカの指揮者は、今回で最後というお話でしたが、ご一緒させていただけて本当に光栄でした。

こんなにも人は純粋に生きていけるものかと、涙がでるほど幾度も感動しました。

そして、その厳しいご指導の中、少しでも良い音楽を!と努力されている美しい方々に心を打たれました。

内海先生、合唱団のみなさん、そして演奏会に来てくださった方々に、深くお礼を申し上げます。

ありがとうございました!

新規キャンバス

 

カテゴリー: ✵いつも心に花と羽♪ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

SPAM防止の為に、次の計算式を入力してから投稿してください * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

:**: :aahikari: :aaicrown: :abaheartwing: :abbheartwing: :abckatabane: :abdhanepata: :ang: :angael: :angbhert1: :angcheart: :angdhaat1: :anggfusen: :anghfusen: :anhaonpu10: :anhaonpuu20: :anhha-pu1: :anhi: :aoacandy: :aobcandy: :aoccandy: :aodais: :aoeice: :aofpafe: :aofpurin: :aogkkigori: :aohcake: :aoicake: :aojcake: :aokcake: :aparingo: :apbcherry: :apcbudou: :apdbanana: :ape: :apfjam: :aqaoni: :aqcbeen: :arakecya: :arbmayo: :arboerpu: :arbohakari: :arbohou1: :arboma: :arbomedama: :arbonabe: :arbonabetukami: :arbopot: :arbotama: :asaknife: :beercup: :beerdmilk: :beerdrink: :beere: :bfa: :bfb: :bfc: :bfd: :bfe: :bff: :bfg: :bfh: :bfi: :bfj: :bfk: :bfl: :bfm: :bfoclover: :bfq: :bfrpinkkanhana: :bfspinkkumaki: :bfsq: :bftpinjmushi: :bfupinjmbatafly: :bfvhachi: :cardensya: :carhiheri: :carhikouki: :carhosipital: :carpink :cartrack: :caryotto: :carzwakaba: :comezamashi: :cpahouse: :cpahprgqmail: :cpaigomi: :cpakart: :cpc: :cpcmouse: :cpctv: :cpd: :cqkitosh: :cqkitshirt: :cqkutushita: :cqkuubag: :cqlabfbox: :cqlbfcxmaru: :crasofa: :crbtana: :crchon: :crdnote: :crehoome: :crfmemo: :crgpen: :crgr: :crha: :crhb: :cria: :crib: :cric: :crid: :crie: :crif: :crig: :crih: :crii: :crij: :csa: :csb: :csc: :csd: :cse: :csf: :csm: :csn: :cso: :csp: :csq: :csqashiato: :csrpig: :ctatori20: :ctbtori10: :cubusagi: :cucusanez: :cvatori: :cvbtori: :cvcpiyo01: :cvdpiyo02: :cxkaemokui: :cxkaerukun: :cxkaerukuna: :cxkaeruoyasumi: :cxkaerupari: :cxla: :cxlb: :cxlc: :dan-pen04: :dan-pen05: :dan-pen06: :dan_pen09: :line_pen03: :mail_pen01: :mus_pen01: :mus_pen03: :mus_pen06: :mus_pen08: :mus_pen09: :oth_pen41: :oth_pen46: :oth_pen50: :oth_pen51: :peep_pen08: :pen1_10: :mail_pen07: :pen0_01: :pen0_02: :pen0_03: :pen0_04: :pen0_06: :pen0_07: :pen0_08: :pen0_10: :pen0_11: :pen0_12: :pen0_13: :pen0_14: :pen0_15: :pen0_16: :pen0_17: :pen0_19: :pen0_20: :pen0_23: :pen0_24: :pen0_27: :pen0_31: :pen0_34: :pen0_36: :pen0_37: :pen0_38: :pen0_39: :pen0_40: :pen0_41: :pen0_43: :pen0_45: :pen0_46: :pen0_47: :pen0_48: :pen0_49: :pen0_50: :linekira3: :linekira: