♧『ぼくを探しに』

新装 ぼくを探しに続ぼくを探しに  ビッグ・オーとの出会い 『ぼくを探しに』 (シェル・シルヴァスタイン 作 倉橋由美子 訳)

                                                                   『ビッグ・オーとの出会い』 シェル・シルヴァスタイン 作 倉橋由美子 訳)

何かが足りない それでぼくは楽しくない

足りないかけらを 探しに行く ころがりながら ぼくは歌う

「ぼくはかけらを探してる 足りないかけらを探してる ラッタッタ 

さあ行くぞ 足りないかけらを探しにね」

主人公の「ぼく」は、完全な円ではない、ちょっと欠けた円。

その「ぼく」は、「かけら」を探しながら、一本の線の上を楽しそうに転がっている。

とても単純なモノトーンの線の世界。

奇抜にも見える設定。

でも、読んでいると、なぜか「ぼく」にいつの間にか感情移入している自分がいる。

「ぼく」は、たくさんのかけらに出会うのだけど、どうも、思ったような具合にぴったりこない。

そして、やっと、ぴったりのかけらに出会って、一緒に転がりだしたと思ったら・・・?

・・・

自分探しをしている人、出会いを求めている人、今の状況に変化を求めている人・・・

読む人の年齢や状況、心に抱えている問題などによって、すごく受け取り方が違う絵本だと思う。

そして、まさにその自由さ、広がりのある余白が、この絵本の大きな魅力なのかな。

続編の『ビッグ・オーとの出会い」では、今度は、「かけら」が主人公。

かけらは、誰かを待っていた。そして、たくさんの出会いを経験する。

とうとう待ち続けた相手が現れたのだが、その出会いは、予想していたものとは全然違っていた。

そして・・。

この上なくシンプルで、詩的で、哲学的な・・すてきな絵本。

カテゴリー: ♧絵本の紹介 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

SPAM防止の為に、次の計算式を入力してから投稿してください * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.