♧『はなを くんくん』

はなをくんくん (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本) (『はなを くんくん』 ルース・クラウス 文 / マーク・シーモント 絵 きじまはじめ 訳 福音館書店)

 

(あ、春が来た!) そう感じる一瞬がある。

風の香り、空の色、大気の感じ、そして、木の枝に顔を出した小さな新芽たち・・・。

とりわけ、今まで堅くて冷たいばかりで殺風景だった場所に、一輪の花を見つけた時の、その嬉しさ。 春の訪れを感じる瞬間だ。

長い冬の間、じっと身を縮めていた生き物たち。何かを感じ取り、「今だ!」とばかりに、いっせいにムクムクと動き出す。

 

この絵本は、「その日」を、美しく、端的に、何とも絶妙に描いた、生命の賛歌だ。

原題は『The Happy Day』。

すごいのは、その表現力。

最後のページを除いて、すべて白黒で描かれているが、見るものを揺さぶるその絵の力。 そして、リズム。

始まりは、しんしんと雪の降る景色の静けさのシーン。 そして、「Now」という言葉を境に動きが始まり、テンポと躍動感が一気に揚がっていく。

そこから、あれよあれよという間に引きずり込まれて、どこへ行くかと思ったら・・最後のページで、えもいわれぬ感動。

どれほどすばらしい絵本か、言葉を尽くして説明したくてたまらないんだけど、本当は、一切、言葉なんて要らない。そんな絵本。

そろそろ今年も、この本を取り出してみたくなった。

和書もいいけど、言葉が少ないこの絵本、英語のリズムと絵が見事に一体化しているので、機会があれば、是非、洋書も手にとってごらんください。

カテゴリー: ♧絵本の紹介 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

SPAM防止の為に、次の計算式を入力してから投稿してください * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.