♧『フレデリック』

フレデリック―ちょっとかわったのねずみのはなし『フ レデリック -ちょっと かわった のねずみの はなし-』

(レオ=レオニ 作 / 谷川俊太郎 訳  好学社)

石垣の中に住む、のねずみたちは、冬にそなえて、大忙し。 食べ物のない時期のために、昼も、夜も、せっせと毎日働いていた。

だけど、仲間のフレデリックは、みんなと一緒に食べ物を集めるために、ちっとも動こうとしない。

「フレデリック、どうして きみは はたらかないの?」みんなは きいた。

「こう みえたって、 はたらいてるよ。」

と フレデリック。

「さむくて くらい ふゆの ひの ために、 ぼくは おひさまの ひかりを あつめてるんだ。」

こんな調子で、みんなに聞かれる度に、フレデリックは、「光」や「色」、そして「言葉」を集めていると言うだけ。

とうとう冬がきて、のねずみたちは、石垣にこもりきりになった。

そのうち、みんなで集めた食べ物も少なくなり、のねずみたちは、寒さと空腹ですっかり元気がなくなってきた。

「きみが あつめた ものは、 いったい どう なったんだい、 フレデリック。」

みんなに尋ねられたフレデリックは・・・。

 

『スイミー』や、『あおくんときいろちゃん』の作家、レオ=レオニが画いた絵本。

雨の降り続く一日や、なんだか気が晴れなくて眠れない夜など、物語を読んだり、映画を観たり、音楽を聴いたり・・・イマジネーションを働かせると、ちょっと気持ちが持ち上がって、もう一度、なんとかやっていけそうな気になる事があります。

そんな時、フレデリックの事を思い出すと、

「住むところや食べるもの、それはとても大切だけど、大切なのは、それだけじゃないよ・・・」

小さなフレデリックが、ちょっとはずかしそうに、つぶやいている、そんな気がします。

カテゴリー: ♧絵本の紹介 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

SPAM防止の為に、次の計算式を入力してから投稿してください * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.