♧『ルピナスさん』

ルピナスさん―小さなおばあさんのお話 『ルピナスさん』 (バーバラ・クーニー 作 かけがわ やすこ 訳 ほるぷ出版)

海辺の町に住むおじいさんから、遠い国々の話をたくさん聞かされて育ったアリス。

お話が終わるといつも言いました。

「大きくなったら、わたしもとおいくににいく。そして、おばあさんになったら、海のそばの町にすむことにする」

「それはけっこうだがね、アリス、もうひとつ、しなくてはならないことがあるぞ」おじいさんがいいました。

「なんなの?」アリスがききました。

「世の中を、もっとうつくしくするために、なにかしてもらいたいのだよ。」

「いいわ」なにをすればいいのかはわかりませんでしたが、アリスは、おじいさんにやくそくしました。

言葉通り、アリスは、成長してから、たくさんの国々に行き、色々な経験をしました。

南の島に行ったり、一年中雪のとけない高い山に登ったり、ジャングルに分け入ったり・・・。

そして、ある時、アリスは、ラクダから降りる拍子に、背中を痛めてしまい、それからは、海のそばで暮らすことにしました。

「でも、しなくてはならないことが、もうひとつある。世の中を、もっとうつくしくしなくてはならないわね」

それにしても、なにをすればいいのでしょう?

「いまでも、それほどわるくないのに」

海を眺めながら暮らす日々。家の周りに大好きなルピナスの種をまいたアリス。

花の咲く時期には、痛めた背中のせいで、ほとんどベッドで過ごすことになってしまいます。

でも、その次の春、散歩に出たアリスは、自分の庭の花の種が風に運ばれ、他の場所にルピナスの花が咲き乱れていることに気付きました。

そして、すばらしいことを思いついたのでした。

     ・        ・        ・

(ルピナスさんのような人になりたい!)

いつの間にか、それが、一番の願いとなっていました。

本は、人の人生を変えることがあるというけど、本当にそうだと思います。

いつも正しい、とか、とてもすごい事をなしとげた、とか、そんな人ではないけれど、ルピナスさんと出会えたことが嬉しい。

出会う度に、嬉しい。・・・そんな出会いに感謝です。

カテゴリー: ♧絵本の紹介 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

SPAM防止の為に、次の計算式を入力してから投稿してください * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.