✵いつも心に花と羽♪

花は愛。羽は自由。

どんな時も、心の中に花と羽を持って生きていきたい。

それが、Flying Islandのテーマです。

たとえ、どんなに苦しい時でも、それさえあれば、心の中の灯火は消えることがないはず。

・・・

「心に花(愛)」

実際、そうあるためには、生きている中で、誰かを信じていられること、何かを心から大切に思っていられること、そういう支えが、大きいのかもしれません。

 

「信じる」という事は、不安の多い 今の世の中で、本当に難しいこと。

 

でも、赤ちゃんが親を、ただ信じているように、

動物が、生きるために、ただ一生懸命で 迷いがないように、

損得のない、ただ信じるという行為、それが、すでに美しく力強いもの。

 

でも何を?誰を?

 

隣にいる人を、自分にとってどうか、という事ではなく、一生懸命生きている、その人という存在自体を信じる事もできます。

 

自分に向けられるかどうかは別として、その人の持つ優しさを信じることもできます。

 

共に時を過ごしたい、その人の同じ気持ちを信じる事もできます。

その人の思いはあなたに向けられているとは限らない。時には過ちも犯すかもしれない。

でも、その人が生きている事を嬉しく思い、誰に向けられるにせよ、その心の中の愛を、ただ信じることができるのなら幸せです。

 

その誰かと、思いを共感していく事ができるならば、その信頼は、強い絆になるでしょう。

 

もし、人間に疲れてしまったら、自然を感じ、それをただ信じることもできます。

 

星々のスケールの大きな営み、それに思いを寄せ、その中で生きているという、その事に、大きな安らぎを感じ、宇宙のバランスというものを信じることもできます。

 

動物の、まっすぐな瞳を信じることもできます。

 

そうやって、何かを信じることによって、心の中に、すっくと伸びる一本の芯ができ、強くなれる気がします。

 

「何ひとつ、変わらない物はないから 何も信じない」

そういう考え方もあります。

バランス感覚だけが頼り、そんな生き方も。それでいて、愛を心に持って生きようというのは、本当に大変だと思います。

だけど、それも不可能ではないのかもしれません。

 

「愛」といっても、いろいろあるけど、「誰かのしあわせを願って 行動する」・・・愛ってそんなものかしら。

誰かのためならば、自分の力を越える力がでる、そんな実感、みなさん、お持ちなのではないでしょうか。

行動の原動力が「誰かのため」・・・だったとしたら、そんなキセキ、たくさん感じられるし、何より、しあわせですね。

 

「心に羽(自由)」・・・これも、意外と難しいものです。

何かに立ち向かい、それを乗り越える時、心に作用反作用の理屈で大きな力が生まれ、一途に乗り越えようとする翼ができる、そういうことは、よくあります。

 

でも、多くの場合、じんわりと来る「不安感」(将来の事とか、人がどう思っているかとか、自責の念だとか)の持続に、心が押しつぶされて小さくなってしまう、そんなケースの方が多いから、そこで、「心に羽を!」みたいなお気楽な話は、ちゃんちゃらおかしい、そんな感じなのだと思います。

 

でも、だからこそ!って思うんです。

それでもなお、心に羽を持てたとしたら、それは、自分の心の中の、立派な「革命」なのだと思います。

(わたしはそれを「ファニーローズ革命」と呼んでいます(笑))

じわじわと攻めてくる、いつ終わるともしれない不安、それにも関わらず、「お気楽」な気持ちを持てたら!

(ま、なんとかなるか・・・みたいな)

 

先の事、心配して心を暗くしたって、どうしようもない。

心配な時は、一旦、心は置いといて、どうしたらいいか、頭で整理して、で、どうしようもないことは、もう、運に任せる。

その方が、いざ、という時、エネルギーが残っているでしょうし。

 

いつも、今、できる事をする。周りの人にも、できるだけの事をする。

 

それしかないし、それでいい。

 

心に羽を!・・・それは、笑顔の革命。

 

・・・ちょっと大げさ。

だけど、今、自分の心を守るのが、とても大変な時代。

誰かの役にも立って生きていきたいとしたら、そのためにも、自分の気持ちは、ホント、何とかしないとね。

 

できるんじゃないかな?

 

つらいのは「自責の念」。これも、じわじわと心を痛めつける。

人間、意図せずに誰かを傷つけることもある。そして、それは、とてもつらい事。

だから自分が嫌い!そうなりがちだけど、そこが勝負。そんな自分を認めながら、許してあげる。

みっともない、情けない自分も、やっぱり許して認めてあげる。

そして、自分を好きでいてあげる!

 

・・・意外と大変。特に、真面目な人間にとっては。

でも、そこをクリアしないと!・・・自ら命を絶ったとすると、周りの人たちはどれだけ傷つくでしょう?

それをしないためには、自分を許してあげる、その事が本当に大切!!!

 

で、自分を(失敗だらけで、考えなしで、みっともない自分。だけど!にも関わらず!)認めてあげて、笑って許して気楽につきあっていこうって思ったら、ホラ、もう、心の中には、羽が生えてきている!

こんな自分でも、ま、いいか。

心の中に、いつも、ちょっと「ごめんなさい!」って気持ちがある。

その傷も、そのまま、持ち続けつつも、

 

・・・生まれたことに感謝!この人生に感謝!・・・

 

そして、明るい気持ちでよく見ると、

  世界は、なんて 美しいのだろう!!!

 

そうして、日々、生きている事に感謝して、

楽しいことや、幸せなことを、感じ取る感性を磨いていくと、

心の羽は、どんどん伸びやかになってくる!

 

心に持ち続ける傷は、あなた自身の深みとなり、

光を、一層 まぶしく感じさせてくれる陰影となる!

 

「いつも心に花と羽♪」  って、そういうこと なんです。

 

長い話でした。   つきあってくださって、ありがとうございました。

カテゴリー: ✵いつも心に花と羽♪ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

SPAM防止の為に、次の計算式を入力してから投稿してください * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

:**: :aahikari: :aaicrown: :abaheartwing: :abbheartwing: :abckatabane: :abdhanepata: :ang: :angael: :angbhert1: :angcheart: :angdhaat1: :anggfusen: :anghfusen: :anhaonpu10: :anhaonpuu20: :anhha-pu1: :anhi: :aoacandy: :aobcandy: :aoccandy: :aodais: :aoeice: :aofpafe: :aofpurin: :aogkkigori: :aohcake: :aoicake: :aojcake: :aokcake: :aparingo: :apbcherry: :apcbudou: :apdbanana: :ape: :apfjam: :aqaoni: :aqcbeen: :arakecya: :arbmayo: :arboerpu: :arbohakari: :arbohou1: :arboma: :arbomedama: :arbonabe: :arbonabetukami: :arbopot: :arbotama: :asaknife: :beercup: :beerdmilk: :beerdrink: :beere: :bfa: :bfb: :bfc: :bfd: :bfe: :bff: :bfg: :bfh: :bfi: :bfj: :bfk: :bfl: :bfm: :bfoclover: :bfq: :bfrpinkkanhana: :bfspinkkumaki: :bfsq: :bftpinjmushi: :bfupinjmbatafly: :bfvhachi: :cardensya: :carhiheri: :carhikouki: :carhosipital: :carpink :cartrack: :caryotto: :carzwakaba: :comezamashi: :cpahouse: :cpahprgqmail: :cpaigomi: :cpakart: :cpc: :cpcmouse: :cpctv: :cpd: :cqkitosh: :cqkitshirt: :cqkutushita: :cqkuubag: :cqlabfbox: :cqlbfcxmaru: :crasofa: :crbtana: :crchon: :crdnote: :crehoome: :crfmemo: :crgpen: :crgr: :crha: :crhb: :cria: :crib: :cric: :crid: :crie: :crif: :crig: :crih: :crii: :crij: :csa: :csb: :csc: :csd: :cse: :csf: :csm: :csn: :cso: :csp: :csq: :csqashiato: :csrpig: :ctatori20: :ctbtori10: :cubusagi: :cucusanez: :cvatori: :cvbtori: :cvcpiyo01: :cvdpiyo02: :cxkaemokui: :cxkaerukun: :cxkaerukuna: :cxkaeruoyasumi: :cxkaerupari: :cxla: :cxlb: :cxlc: :dan-pen04: :dan-pen05: :dan-pen06: :dan_pen09: :line_pen03: :mail_pen01: :mus_pen01: :mus_pen03: :mus_pen06: :mus_pen08: :mus_pen09: :oth_pen41: :oth_pen46: :oth_pen50: :oth_pen51: :peep_pen08: :pen1_10: :mail_pen07: :pen0_01: :pen0_02: :pen0_03: :pen0_04: :pen0_06: :pen0_07: :pen0_08: :pen0_10: :pen0_11: :pen0_12: :pen0_13: :pen0_14: :pen0_15: :pen0_16: :pen0_17: :pen0_19: :pen0_20: :pen0_23: :pen0_24: :pen0_27: :pen0_31: :pen0_34: :pen0_36: :pen0_37: :pen0_38: :pen0_39: :pen0_40: :pen0_41: :pen0_43: :pen0_45: :pen0_46: :pen0_47: :pen0_48: :pen0_49: :pen0_50: :linekira3: :linekira: