✵空へ・・・

昨日は、天国社(姪浜)の慰霊祭で演奏させていただきました。

今年は「空」がテーマということで、鳩の形のバルーンがたくさん空に浮かぶ、という演出がされ、

一人ひとり、思いを込めて折り鶴を折り、空に向かって祈りを込める。

そんな慰霊祭で、時が進むにつれ、気持ちが浄化されていくようでした。

 

私は、今回は主にアイルランド民謡をハープで奏で、ピアノで「亡き王女のためのパヴァーヌ」や「瑠璃色の地球」などの曲を弾かせていただきました。

そして、最後は、みなさんの声を合わせの「花は咲く」を伴奏させていただきました。

 

今まで生きてきて、日毎に紡いできた物語

色で言うならば千の色の織り混じったそれらの物語

千の色の織り混じった、今、この時の思い

・・・

悲しさ、さびしさ、いとおしさ、約束、決意、願い・・・

たくさんの言葉にならない思いが

大きな大きな虹となって空に放たれていくようでした

 

見上げると、いつもそこにある空・・・

ナレーションの方の言葉も、とても心に残るものでした。

 

深い思いの重さと、それを空に向ける軽やかさにまでしていく美しく力強い心

 

みなさんと共に過ごし、演奏をさせてくださって、本当にありがとうございました。

カテゴリー: ✵いつも心に花と羽♪ パーマリンク

コメントは受け付けていません。