✵旅するハープ

12月15日は、唐津市相知交流文化センターの文化ホール「サライ」での、みんなのコンサートに出演させていただきました。

ここは、広い河原のあるのどかな風景の近く、立派なホールがあり、自然と文化のとても良い関係での共存、という印象を受けます。

仕事と文化活動、地域のみなさんも、日々研鑽を積んでいらっしゃって、みなさんの演奏も、素敵でした。

オブリガータ(今回は、パーカッションの椋尾さんも一緒でした)は、第2部の出演でした。曲目は、

・クリスマスメドレー

・ふるさとは今も変わらず

・ニリムセマ

・津軽のふるさと

・きつねがだまされた話

・展覧会の絵

・I am

・希望の歌

・花は咲く

今年は、ボーカルの和嶋さんの生徒さんたちのグループ「シャンティー」の女の子たちも歌に加わってくれて、会場を華やかにしてくれました。

音楽の楽しみ方、様々な形がありますが、こうやって、老若男女、色々な形で関わって作っていく「みんなのコンサート」、とってもいいなと思いました。

ホールには音響の方もいらっしゃって、お任せすることができて、助かりました。

 

振り返ってみると、私のハープも、これまで、本当に、色々なところに行かせてもらったな・・・と、感無量です。

みなさまのお声掛けで、マイカーに乗せて、ハープと一緒に、たくさんの旅をしてきました。

 

今まで関わってくださったみなさまに、心から感謝の気持ちでいっぱいです。

ほんとうに、みなさんと、ハープと共に過ごせるすばらしい時間を、ありがとうございました。

 

 

カテゴリー: ✵いつも心に花と羽♪ パーマリンク

コメントは受け付けていません。