✵ハープ・ファンタジー公演㊶

1月17日、新宮杜の宮コスモス保育園に演奏に行ってきました。

楽器の搬入や準備をしていると、子どもたちが次々に
「なんだろう?」
と覗きに来ます。
「あとで、きれいな音を聞かせてもらえるからね。
ちょっと待っていてね。」
先生の声。
しばらくすると、読み聞かせの声がして、
子どもたちはシーンとして聴き入っています。

ハープ・ファンタジーの演奏の時間になり、
小さな子たちもいっぱいいるので、
(どうかな?静かにできるのかな?)
と思っていましたが、やっぱり、演奏にも
耳を傾けて静かに聴ける子どもたちでした。

一緒に歌おうというコーナーに入り、
最初に「さんぽ」を歌いましたが、
歌詞カードもないのに3番までしっかり歌えて、
びっくり。

最後の曲では、最初にリズムをカホンで叩き、
「何の曲かわかるかな?」と司会のメンバーがクイズ。
次々と手が上がり、待ちきれない子たちが叫びます。
「パプリカ!」
演奏が始まると、大きな声で歌いながらダンスも入って
みんなノリノリ。

先生方のハープ体験コーナーでは、その場でのお願いに
みなさん、スッと応えてくださって、
なんと「ドレミの歌」のメロディーをすぐに弾く先生も!
ポテンシャルの高さに驚くばかりでした。

最後に子どもたちが、手作りのプレゼントをしてくれました。
鮮やかな花の咲いた鉛筆。
机の上が一気に華やぐ素敵な贈り物でした。

帰り際に玄関でスリッパをスリッパ立てに入れていると、
小さな女の子がサッと寄ってきて、お手伝いをしてくれます。
通りがかって、その光景に気づいた先生のお顔に思わず微笑みが・・・。
ステキな保育園だな・・・と心から思いました。

マジックをなさるという園長先生は、子どもたちの笑顔が大好き。
先生方はしっかり「しつけ」もしながら、笑顔もいっぱい。
そんなみなさんのおかげで、楽しい時間を過ごさせていただきました。

ありがとうございました✨

カテゴリー: ✵いつも心に花と羽♪ パーマリンク

コメントは受け付けていません。