以前のリビジョンの文書です


2018年05月20日(日)

天候:快晴
参加者:野中、田崎、比嘉、吉武、林、平田
走行距離:300 km (9時~18時30分)
記録:比嘉

 朝から快晴でツーリングのためにあるような絶好の天気の5月20日(日曜日)に、6名(平田、野中、林、比嘉、田崎、吉武)が筑前「みなみの里」に集合しました。出発の準備をしていますと、快晴と快適な気温に誘われた多くのバイク仲間が前の道を走り去って行きました。私どもも、筑前「みなみの里」を一路日田に向かって出発し、日田市東部より国道を離れファームロードわいたを通りました。途中で雄大な阿蘇の外輪山の絶景を堪能するために休憩しました。休憩中の話題は雄大な外輪山の話以外に、「今日はバイクが多いね。そういえば途中でパトカーがいましたねー」と妙に現実的な会話がありました。

 昼食は九重町の「そば処よしぶ」でとりました。5名は、そばの「よしぶコース(そばとマイタケ・海老・なすの天ぷら、自然薯のとろろめし)」のまるで夕食のような豪勢なコースで、一人は、おろしそばでした。そば処の名前の通り美味でした。



 満腹後に黒川温泉街からやまなみハイウェイを快適な天気と気温に包まれて5名は疾走しました(初心者の比嘉はよたよた)。疲れがでてきたころ、元気回復のために玖珠九重ふる里館で、それぞれ家に気持ちよく入れてもらえるようにお土産を確保しました。休憩後、疾走開始で、走る、走る、走り、日田を通過しました。
 腰、肩、腕の疲労が強くなり、臀部痛がでてきた時に、先頭の平田氏が道の駅うきはに入ってくれました。平田氏の後ろ姿が神々しく見えました。道の駅うきは周辺よりも若干高い場所に立っており、のどかな田んぼの景色が目の前に広がっていました。元気を回復後に再出発しましたが、福岡に近づいていくにつれ、午後5時頃であったこともあり、交通渋滞に突入しました。
 交通渋滞で再度くたびれたときに平田氏が、二日市のSweet Basilに、ひょいと入っていかれました。糖分補給で元気回復後に、交通渋滞を避けるために、那珂川町を通り、小笠木峠と桧原方面に分かれ、解散いたしました。
 走行距離なんと300㎞でした。この距離は福岡から広島までの距離です。それにしても、皆様お元気です。私(比嘉)は午後4時ごろから左足裏の筋肉が痙攣するようになっていました。

筑前「みなみの里」 → 日田市 → ファームロードわいた → 昼食(そば処 よしぶ) → ファームロード → 黒川温泉 → やまなみハイウェイ → 玖珠九重ふる里館 → 日田 → 道の駅 うきは → 二日市(ティータイム Sweet Basil) → 小笠木峠 → 野方

blog/2018年05月20日_日.1527668292.txt.gz · 最終更新: 2018/05/30 17:18 by yositake